水泳スタート&ターン攻略プログラムの評判

クロールのターンのコツをご紹介しています。

ターンが上達するとタイム自体も伸びる

水泳スタート&ターン攻略プログラムの評判・トップイメージイラスト

個人メドレーの場合について、バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの順番で泳ぎます。

それぞれの泳ぎ方によって、ターンのコツが違います。

泳法毎にターンのコツに相違点があります。

相違点を意識して改善しているスイマーは、多くはいません。

水泳スタート&ターン攻略プログラムならば、泳法毎にターンの方法がハッキリと理解できます。

まず理解して、練習に取り組む事でターンが上達していきますし、タイム自体も伸びていきます。

続きはコチラ  水泳スタート&ターン攻略プログラム

クロールの正しいターン

クロールと背泳ぎのターンでは、「入り」は上手く出来ているのに、回転のスピードが上がらない場合もとても多いです。

そのため、せっかくの勢いがなくなってしまうスイマーも多いのが実情です。

両掌をプールの底に向けてしまい、胸が腿につくように頭を突っ込んでしまいがちです。

クロールの正しいターンは、まわり始める時点では、リカバリーの手は直角になるべく早く水に入れます。

手の勢いを上手に使っていく事で、体はまわりはじめます。

反対の手も水をつかみながら、足のキックでも水を打ってまわっていきます。

なるべく小さくまわるように注意していきます。

続きはコチラ  水泳スタート&ターン攻略プログラム

Page
Top