水泳スタート&ターン攻略プログラムの評判

クロール、平泳ぎ、バタフライと背泳ぎのスタートのコツについてご案内しています。

スタートのコツ

水泳スタート&ターン攻略プログラムの評判・トップイメージイラスト

水泳のスタートのコツは、フライングをしない事が一番大切です。

クロール、平泳ぎ、バタフライの飛び込み台を蹴って水中に入るスタートについてご案内します。

注意するべき点としては、入水する時の角度と姿勢になります。

水泳のスタートの飛び込みの時点では、水面に入る瞬間が最も水の抵抗が大きくなります。

そのため、全身を出来るだけ小さなところを通過するように意識します。

つまり、手、頭、腰から足先までを全て同じところを通過するようにしていくのが理想的です。

また、空中での姿勢(フォーム)はある程度個性が認められています。

全身を一直線にしておく必要もありませんし、腰をくの字にするバインドスタートをする場合も多いです。

一直線に入水できれば、空中での姿勢は問題がないと言うことになります。

もっと上達したい方はコチラ  水泳スタート&ターン攻略プログラム

背泳ぎのスタートのコツ

背泳ぎのスタートの構えは、出来るだけ体を高く持ち上げるように意識します。

お尻が完全に水面から離れる位まで高く持ち上げるように意識していきます。

体を筋力で持ち上げるので負荷がかかり辛いところもまりますが、水の抵抗を背中で受けなくなりますので、スタートがスムーズに出来るようになります。

スタートの台の背泳ぎ用のグリップの部分は、縦でも横でも握れるように作られています。

グリップを縦に握ると体が少し窮屈さを感じる事もありますが、縦に握った方が手の位置が高くなります。

そのため、体を高く持ち上げやすくなります。

背泳ぎのスタートは、重力に逆らって握力と腕力でグリップにつかまり、体を引き上げていきます。

そのため、背中を丸めてしまう姿勢になりがちです。

背中を丸めてしまうと体の動きがどうしても大きくなってしまい、背中を水面で打ちってしまい、水の抵抗が増えてしまいます。

そのために、背中は出来るだけ伸ばすような姿勢を取り、頭の位置も出来るだけ高くするように意識します。

体を高く持ち上げ、背を伸ばす姿勢からスタートする事で、頭を後ろに振った時点での回転の勢いを水の抵抗にあわず、背泳ぎの効率的なスタートを切る事が出来ます。

もっと上達したい方はコチラ  水泳スタート&ターン攻略プログラム

Page
Top